貯めておく

幼い頃から思春期までの人間にとって極めて重要な期間に、どれくらい「大切なもの」を貯めておけるかがその後の人生のほとんどぜんぶに関わってくるのではないかと私は思っています。

「大切なもの」というのは、人に優しくされたり、大切にしてもらったり、うれしいことがあったり、頑張ってみたことが成功したり、誰かの力になれて感謝されたり、お腹が痛いくらい誰かと笑ったり……etc
どれだけ細かなことでもいいし、家族・友人・他人などに関係はありません。その人が思い出した時に顔がゆるんであたたかくなるものであれば何でも。

それさえ心の中にコツコツと貯めておくことができれば、その先にどれだけ絶望的なできなことが起きても大丈夫なような気がします。嫌なことが起きても落ち込まないというのではありません。地の底まで落ち込んでも、最後の一歩は決して踏み込まないだろうということです。

人を殺しちゃったり、自分で死んじゃったり、あるいは心の病気に深く深くまで蝕まれたり。

もちろん「大切なもの」ばかりで埋めることはできません。失敗して、嫌な思い出も、消したい過去も山盛りできますが、それと同じくらいの「大切なもの」を貯めておけばいいのです。人によっては「大切なもの」の質でその量なんてカバーできてしまうでしょう。

何でだと言われたら何でだろう?と私も首を傾げてしまうのですが、このことについて私はかなりの確信を持っています。
「将来困らないように」ではなく「将来絶対困るんだから今のうちに貯めておこう」と、そう思って仕事をしています。ここに来てくれる人全員にそう思って接しています。

「ああもう無理だ終わりだ」と思った時にそれらが燃料になってくれます。
「あんな楽しいことがあったんだから頑張ろう」とかそんなんじゃないです。絶望のときにそんなことは思い出しません。
最低限の自分を守る行為を無意識にする燃料になってくれるのです。たぶんそんな感じだと考えています。