自分を優先する

こうやって生きていると、自分が苦手なことや得意なことが少しずつわかってきますよね。
好きと嫌い、得意と苦手、やりたいやりたくないとか。
私ってそういうことにだいぶん鈍い方だと思うのですが、それでもだんだん分かってきたような気がします。

というのも、なぜ鈍いのかというと余計な気持ちが入るからだと思うのです。
「みんなが好きって言ってるから私はイマイチだけど良いものなのかも」とか
「やりたくないけどみんなやってるし、これは私のわがままなのかも」とか
「まわりにこう思われそうだからこうした方がいいのかも」とか。

余計なことを考えて、焦って、とりあえずジタバタと行動するパターンが多かったのですが、それでうまくいったり、気持ちが晴れたりすることって思い返すとほとんどないんです。結局「やっぱりダメだったな〜」とがっくりくることばかり。

自分の思うままにすることが心にも体にも良いし、そして結局、それしかできないんだなぁとようやく分かってきました。余計な声は変わらず聞こえてきますが、それをいかに焦らず右から左に受け流すかが肝です。ムーディー勝山を脳内再生です。

皆さんもこのような場面、例えば誰かに何かを言われて「私が間違っているのか?言われるようにした方がいいのか?」と分からなくなったとき、自分にどうしたいかをよく聞いてみてください。そしてぜひ自分がしたいと言った方を優先してあげてください。
当たり前のようなことですが、周りの目や罪悪感でむずかしいこともあると思います。でも大丈夫です。その選択を積み重ねていくことで楽になっていくし、それは周りにもちゃんと伝わります。