腑に落ちるとき

悩みが「解決する」ときというのは、言い換えれば「腑に落ちる」ときなのではないかと思います。

その問題に対して
「ああ、私はこう思っているんだ。だからこんなに苦しいのか」
「この問題のこの部分に腹が立っているのか」など、
自分の中で何か腑に落ちて納得することで、ずいぶんと気持ちが楽になるということに気がつきました。

実際にその問題は無くなってはいないのだけれど、頭の大部分を占めるほど考えていたものが、すっきりと小さくなっているのです。そういえば…くらいに。

たぶん、このように感じるのは私だけではないと思うので、解決策をたくさん考えて煮詰まっている方は、一度自分の内面に目を向けてみてください。
「この問題のどこに納得できないのか?」
「どこが気に入らないのか、どこに腹が立つのか?」
それに対して「そうか、そういうことか」と自分で納得できたときの、気持ちがスッと軽くなる感覚を、ぜひ感じてみてほしいです。