選ぶのは自分

「自分に合うものを選べる」というのが、大人になってできる良いことの一つだと思います。
「合うもの」って、場所や人や環境や…それはそれは色々なものです。
どこまでも自由なはずなのに、なんでこんなに苦しいんだろう?とふと思う時が私にもあります。

例えば「会社に勤めているからそこでのしがらみがある」という人もいると思います。
でもそれって自分が選んで入った会社なのでは?
例えば「家族がいて自分の自由な時間なんかない」という人もいると思います。
でも自分が選んだ人と、望んで家族をつくったのでは?

今周りにあるものは、ぜんぶ自分で選んできたものばかりです。
そして、それを選んだ時に「喜び」や「希望」が必ずあったと思うんです。

もし今苦しい状況にいるなら、その時を思い出してみてください。
その時のキラキラしたものをもう一度同じように感じられて前向きになれれば続ければいいし、
時間が経ってもう前と同じように感じられないなら、環境を変えるなり何か変化が必要なのかもしれません。

全部自分で選べます。どこまでも自由だということを前提に考えてみてください。
苦しいならそこにいる必要なんて、ぜんぜん、全く、無いです。だって大人だもん!!
「もし失敗したらどうするんだ、責任はだれが取ってくれるんだ」と聞こえてきそうですが、
そんなの自分に決まってるじゃないですか。まだそんなこと言ってるんですか?
失敗したならもう一回やり直してもいいし、また別のことをやってもいい。
そんなことまでまた自分で選べるんです。

……と、行き詰まったときは自分に考えさせるようにしています。
みなさんも、どうにもしんどくなった時、考えてみてください。