やりたいことじゃなくてい良い

『やりたいことが見つからない』という悩みをよく聞きます。

きっと「やりたいことをしなきゃいけない」という固定観念からくるものだと思うのですが、悩んでいる方はその枠を一度外して考えてみると良いと思います。

具体的に言うと「やりたいこと」を「苦なくできること」と「それについて問題が起きた時、自然に解決策を探せること」の2つに置き換えるんです。

前者について。
やりたくないことをする必要はありません。やっていて苦じゃないことににハードルを下げると、グっと視野が広がりませんか?
今までの仕事や、普段していること、人と関わっている時の自分を振り返ってみてください。何気なくしていることの中に何かヒントが見つかるかもしれません。

後者について。
何と言っても”自然に”というのが最大のポイントです。
「うーん困ったなぁ、ちょっとあの人に相談してみよう」とか「じゃあ、こうしてみようかな?」とか、問題解決へと自然に進めること。ここにかなり重点を置いてみてもいいと思います。
「何とかしないといけないよなぁ、でも面倒くさいなぁ、誰か代わりにやってくんないかなぁ」だと、何回かは乗り切れても後々しんどくなると思います。

やりたいことが見つからず悩んでいる方、この2点について一度考えてみるといいかもしれません。